第66回日本農村医学会学術総会
学会事務局
琉球大学大学院医学研究科
衛生学・公衆衛生学講座

〒903-0215
沖縄県中頭郡西原町字上原207
TEL:098-895-3331 (内線2321)
FAX:098-895-1412
運営事務局
株式会社 アカネクリエーション
MICE推進部

〒900-0004
沖縄県那覇市銘苅1-19-29
E-mail jarm66@akane-ad.co.jp
TEL:098-862-8280
FAX:098-862-8891
営業時間:月~金(9:00~18:00)



学会長挨拶
第66回日本農村医学会学術総会
学会長 青木 一雄
( 琉球大学大学院医学研究科衛生学・公衆衛生学講座 教授 )

この度平成29年10月5日(木)・6日(金)に沖縄コンベンションセンターにて、第66回日本農村医学会学術総会を開催する運びとなりました。
日本農村医学会学術総会は、第1回が若月俊一先生を学会長として長野市で開催されて以来、今回の開催で第66回を数えます。この間、毎年途切れることなく学術総会が開催され、例年全国から多くの保健、医療、福祉の関係者が一堂に介し、地域医療を中心に農村医学の諸問題について最新の知見とデータを基に活発な議論と意見交換が行われてきております。それらの情報や知識を各地に持ち帰り、各医療施設やコミュニティーにて活用が図られてきております。
このような先人たちが大切に育て守り続けてきた歴史ある日本農村医学会を沖縄にて開催させていただくことは大変光栄なことであるとともに、その責任の重さを痛感している次第です。
さて、第66回日本農村医学会学術総会もこれまでの本学会の歴史を礎にして、さらに農村や地域の保健、医療、福祉の活性化に繋がる学術総会になることを祈念し、メインテーマを「地域活性化に向けた農村医学の将来展望~沖縄から日本、日本から世界へ~」といたしました。
特別講演として、弘前大学医学部社会医学講座 教授の中路重之先生に「青森県の短命県返上活動から見えてくるもの」を、琉球大学大学院医学研究科 分子・細胞生理学講座 教授の松下正之先生に「沖縄健康医療拠点構想における医療情報システムへの展望」を、産業医科大学 学長の東敏昭先生に「生涯現役、働くことへの支援の意義」と題して講演をしていただくことになっております。さらに、教育講演として、厚生労働省那覇検疫所長の本馬恭子先生に「感染症の水際対策と医療機関との連携」と題して講演をしていただくなど、複数の講演を準備しております。その他、農村医学に関係する農機具災害、農薬中毒、農村の生活習慣病などについても、シンポジウムやワークショップを開催するべく、準備を進めているところです。
メインテーマの「地域活性化に向けての農村医学の将来展望」については、様々な視点から多数の発表をしていただくとともに、それらの議論を通じて今後の各地域の保健、医療、福祉のあり方を考慮した地域活性化に向けた端緒になることを期待しております。
最後になりましたが、第66回日本農村医学会学術総会の成否は、学術総会に参加してくださる方々のご発表と活発な議論にかかっていると言っても過言ではありません。多くの皆さまに沖縄に来ていただき、今後の農村や地域の活性化に繋げていただければと願っております。沖縄の碧い海、青い空の下でお目にかかれますことを楽しみしておりますので、多くの皆さま方に学術総会にご参加いただきますよう重ねてお願いする次第です。
平成29年1月吉日



Copyright@copy2017- The 66th Annual Meeting of the Japanese Association of Rural Medicine All Rights Reserved.